新国立劇場バレエは「国立」ではありません

www.nntt.jac.go.jp

まず「新国立劇場バレエ」は「国立」ではありません。

このトップページのリード文をあっちが改編しても残せるように引用しておきます。

 新国立劇場バレエ公演のご紹介。バレエを観るなら日本で唯一の国立バレエ団を 有する新国立劇場で。日本を代表するトップバレエダンサーと世界レベルと評される圧巻 のコール・ド・バレエが劇的な舞台を創造し、夢の世界へとお連れいたします。

ここのバレエ団がいかに「詐欺」的な存在であるかを示しています。

では「国立」の定義とはいかがなものでしょうか?

国立とは

 

第一義的には

国が直接に管理運営する施設に冠される名称、およびその略称。

とされています。以前は「国立」とは国が直接設置したものだけしか名乗れませんでした。

2001年4月にの橋本政権下で行われた行政改革の一環で、「国民生活及び社会経済の安定等の公共上の見地から確実に実施されることが必要な事務及び事業であって、国が自ら主体となって直接に実施する必要のないもののうち、民間の主体にゆだねた場合には必ずしも実施されないおそれがあるもの又は一の主体に独占して行わせることが必要であるものを効率的かつ効果的に行わせることを目的として、この法律及び個別法の定めるところにより設立される法人」=独立行政法人が設置され、独立行政法人通則法に基づいてそれまで国が運営していた施設の多くが独立行政法人の管理となりました。

独立行政法人 - Wikipedia

第二義的にこの独立行政法人が管理運営している施設等も便宜上「国立」と名乗っています。ただし、ここで「国立」と名乗るのには条件があります。

法律でその「独立行政法人」の設置が定められていることです。

(注釈) ここでいう「独立行政法人」は国によって定められたもののみを指し、「地方独立行政法人法」によっ定められた法人は一切省きます。

では、さて新国立劇場バレエは「国立」なのでしょうか?

新国立劇場とは

 

新国立劇場独立行政法人日本芸術文化振興会が設置しています。

独立行政法人 日本芸術文化振興会 | 独立行政法人 日本芸術文化振興会

独立行政法人日本芸術文化振興会法

独立行政法人日本芸術文化振興会がその法律に基づき設置しているため、新国立劇場が「国立」であることは現行の法令では疑う余地はありません。

ならば、新国立劇場バレエも国立なのではと思われるかもしれませんが、ここに大きな問題があります。

伏魔殿「新国立劇場運営財団」

www.nntt.jac.go.jp

新国立劇場は設置している独立行政法人日本芸術文化振興会公益財団法人新国立劇場運営財団に運営を委託してるという形態を採っています。

新国立劇場バレエの運営は独立行政法人日本芸術文化振興会ではなく、公益財団法人新国立劇場運営財団が行っています。公益財団法人新国立劇場運営財団は国立を名乗る条件となる「独立行政法人」となる設置法がありません。ただの「民間団体」に過ぎません。

要は新国立運営財団とは新国立劇場の「ただの委託運営業者」に過ぎません。

この「委託」という形態がいかに不自然であるかは次のページにてお示しします。これが地方公共団体で同様のことを行っていたら、会計検査院の検査で指摘事項となり、補助金等の返戻命令が確実に下る案件であるにもかかわらず、この新国立劇場では一切見過ごされています。

指定管理と業務委託との法的性質の違いは何か?専門の行政書士が徹底解説 | 指定管理コンサルティング

 例えば、下記のような公の施設に「関する」諸業務については、地方自治法上の指定管理者制度ではなく「業務委託」に該当します。

  1. 事実行為(施設の管理、警備、施設の清掃、展示物の維持補修、植栽の管理)
  2. 管理権限を当該地方公共団体に留保したうえで、管理や処分の方法についてあらかじめ地方公共団体が設定した基準に従って行われる定型的行為(入場券の検認、利用申込書の受理、利用許可書の交付)→管理権限が管理者に移らないため指定管理ではない。
  3. 私人の公金取扱規定(地方自治法第243条、同施行令第158条)に基づく使用料等の収入の徴収
  4. 当該施設運営に関するソフト面の企画(当該施設における各種行事の企画等)

 現在、新国立劇場運営財団が行っている業務は上記の4つの要件のみとなっているでしょうか?もしこの要件で収まっているとするならば、新国立劇場バレエの運営は「4.」の「各種行事」でしかないのです。

じゃ、なんで国立を名乗っているの?

この公益法人が運営しているだけのバレエ団が何でわざわざ「国立」を名乗っているのでしょうか?

それは有体に言えば「国立」を名乗ることによってイメージ戦略をしているだけで、はっきり言って「詐欺」なんです。

「国立」を名乗って、寄付金を募り、詐取しているひどい団体なんです。こんなバレエ団にせっせと通っている客は詐欺の被害者か、または「詐欺の共同正犯」と考えざろうえません。

新国立劇場運営財団は国の関与がない団体です

 

 そして犯人は自白しています。

https://www.nntt.jac.go.jp/about/report/other/pdf/sonota_kouhyou.pdf

 

「国と特に密接な関係がある法人」に該当しませんので、その旨公表いたします。

 

 そうです。自分で「国と特に密接な関係がない法人」と公表しながら、そのバレエ団は「日本で唯一の国立バレエ団」と名乗っています。

こんな詐欺的なバレエ団は存在していていいのでしょうか?いいはずはありません。

一刻も早く解散をするしかないでしょう。このバレエ団は「白鳥の湖」の公演をしているようですが「詐欺の湖」に公演タイトルの変更をすると贖罪の気持ちが現せるかもしれません。